快適おひとりさん.com







図表イラストで保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”⇒保険マンモス!

お金をふやす


 定期預金の金利が、以前と比べるとかなり低くなっています。
ネット専業銀行は、普通の銀行と比べると店舗を持たない分、効率がよいので、金利がお値打ちに設定されていることが多いので、口座を開いておくとお得なのではないでしょうか?
2011年10月現在開業されているネット専業銀行が、

  • 楽天銀行
  • 住信SBI銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行

があります。
 楽天銀行は楽天証券と連携しており、セットで利用すると二社間で、自由に入出金で知るサービス(マネーブリッジ)などがあり便利です。
 また、住信SBI銀行は、SBI証券と連携しており、ハイブリッド預金は、二社の口座のお金を自由に移動することができます。
 ジャパンネット銀行は各種のサービスが使いやすいところが、よいと思います。
 ソニー銀行は、個人の資産管理を目的として利用しやすい銀行だと思います。


楽天銀行



FX運用対策

FX(外国為替証拠金取引)で、資産運用をしている方も多いと思います。FXで、取引するには、最初に証拠金が必要なので、ゼロからスタートというわけにはいきません。

 最近の経済情勢のように歴史的円高になったりした場合、証拠金が不足すると自動的にロスカットになってしまうことがあります。そのため、FX口座を作った場合、十分な証拠金を最初に入金する必要があるわけですが、あまりお金がなかったときは、どうするかということです。

 急激な為替局面が続き、自分の資産がどんどん目減りしてしまうのもたいへん。やはり、こういうときのために、初心者は1000通貨単位で、取引可能なFX業者で、FXをするとよいのではないかと思います。

 10000通貨で、証拠金が必要ならば、1000通貨はその10分の1、つまりは5000円あればポジションが持てるので、2から3万円口座に入金しておけば、かなりの為替変動にもあわてなくてすむと思いますがどうでしょう?(ただし、さらなる相場の急変に備えて、20万円から30万円は、入金しておく必要がありともいえます。)1000通貨単位の取引ができるFX業者は、少なくありません。

  • みんなのFX(トレーダーズ証券)
  • 外為ジャパン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • サイバーエージェントFX
  • ヒロセ通商
  • FXトレーディングシステムズ   など

少しずつ、FX取引になれてから、10000通貨以上の取引をするとよいのではないかと思います。